ドライブしているカップル

参考にする

近年、若い人から支持を受けている合宿免許は、学生を中心に申し込みをする人を増やしています。しかし、費用が用意でいない場合は参加も難しくなるでしょう。安いといわれている合宿免許でも学費が工面できないなら、銀行の免許ローンを利用してでも、行けるときに、取れるときに免許は取得しておくことが得策です。時は金なり、社会人になったら、お金は都合がついてもまとまった2週間の休みをとるのは難しいからです。また、社会人になったら赴任先が不便な場所で車社会という地域もあります。 また、一括で払わなくても分割が可能で、仮に利息を支払ったとしても毎月1万円づつ20回払い程度で返済できます。 費用はなんとでもなるといったところでしょうか。

免許合宿が誕生した理由はこんなところにありました。 免許合宿の費用が通学式の学費と比べても安くできるのはどうしてなのか疑問に思いませんか。 一説によると、通学式は教習生がスケジュール管理するので、キャンセルも出ると車も教官も空き時間になりますし、混雑管理も大変です。 しかし免許合宿はスケジュール管理を教習所が決めるため、混雑の調整ができて、キャンセルなしで無駄な時間がなくなる点が最大の要因らしいです。 しかも、短期間で入学卒業をしてくれるということは回転が速いので多くの生徒が集められる点も合理的らしいです。 地方は指導教官の人件費が安いのかと思いましたが、理由はそうではないのです。口コミも今は盛んなのでサービスの良さも集客に大きく影響します。学生が休みの繁忙期以外の集客時はかなり激安プランが出てきているようです。